> > 傾斜からの打ち方 左足上がり

ゴルフレッスン4: 傾斜 左足上がり

左足上がりの傾斜の打ち方
  • 左足上がり(上り傾斜)のライは目標よりも左にひっかけやすい
  • アップヒルのライは高い弾道で距離が落ちやすいので一番手大きめのクラブを持つ
  • ボール位置は真ん中
  • 肩、腰、膝を地面の傾斜と平行にし、引っ掛かりを予測してやや右を向いて構える
  • センターに保つ(コンパクトに振るためあまり体重移動をしない)
  • バランスを保って傾斜に沿ってスイングする(ややインサイドアウトに)