> > アプローチ(ピッチ・エンド・ラン)

ゴルフレッスン19: ピッチ・エンド・ラン

ピッチ・エンド・ランとは

ピッチエンドランのイメージ図
状況に応じてある程度キャリーさせ、そこからランで寄せるショットのこと。
ピッチエンドランの体重比率
ウェイトは6:4の割合で常に左足体重。
ピッチエンドランのボールを置く位置
ロフト角のあるサンドウェッジ(54~58°)もしくはロブウェッジ( 59~62° )を使用する。スタンスはややオープンスタンスにし、ボールは真ん中よりやや左足寄りに置く。
ピッチエンドランの構え
短く持ってハンドファーストでかまえる。
ピッチエンドランの距離
時計に例えて左腕を「何時」の位置に振り上げ、距離をコントロールする。
一本のクラブで距離を打ち分ける場合は「振り幅」を変えてキャリーとランの割合を考えます。
気を付けることは、距離が長くなるからと言ってスピードを早くして振ろうとはせずに、ゆったりと同じリズムで振ることを心がけてください。
動画の中では10ヤード、15ヤード、20ヤードの距離を打つのにどれくらいのふり幅が必要かを検証していますので参考にしてみてください。