> > アプローチ(ランニング・アプローチ)

ゴルフレッスン18: ランニング・アプローチ

ランニング・アプローチとは

ランニングアプローチのイメージ図
打ち出しを低くし、ほとんど転がして寄せるショットのこと。
ランニングアプローチの体重配分
ウェイトは8:2の割合で常に左足体重。
ランニングアプローチでボールを置く位置
スタンスはせまめで左足の向きをやや開く程度。低く打ち出したいのでボールは右足寄りに置く。ウェッジを使う場合は右足つま先前に。状況に応じてフェアウェイウッドまで使うこともあり、フェアウェイウッドの場合は真ん中ぐらいに置く。
ランニングアプローチの構え方
ハンドファーストに構える。
ランニングアプローチのフィニッシュ
低く引いて、右手首の角度を変えずにインパクト直後ピタッと止めるイメージ。
グリーン面の脇にボールが落ち、ボールとカップの間にバンカーなどの障害物がない場合はシンプルにランニング・アプローチで転がした方が寄る確率は高くなります。
ただ、使用するクラブによってランの距離は変わってきますから、どのクラブがどれくらいの距離のランが出るかを普段の練習で把握しておくことが大事です。
動画の中ではアプローチ・ウェッジ、ピッチング、9番、7番でランの距離を比較しているので参考にしてみてください。