シャロースイング
【解説1】骨盤の動きを理解しよう
シャロースイングに限ったことではありませんが、骨盤の動きを理解して正しいインパクトを身につけましょう。
【解説2】パッシブトルクを活かして打つ
シャロースイングに「パッシブトルク」を活かすことで劇的に飛距離アップする可能性あり!?
【解説3】ピボットターンで腰の回転力アップ
シャローイングにはどうしてピボットターンが必要なのか?そこを理解することで腰の回転力をアップさせてヘッドスピードを上げることができるはずです。
【解説4】切り返しでは左サイドを低く
シャロースイングでクラブを倒そうとすると、どうしても切り返しで右サイドに倒れがち。ポイントは左サイドを低くしてインパクトを向かえることです。
【ドリル1】ロープで動きをつかむ
トップでシャフトを後ろに倒すのがシャローイングの特徴ですが、初めはその感覚が分かりにくいと思うので、ロープを使ってイメージをつかんでみてください。
【ドリル2】シャフトの向きを確認
各ポジションの正しいのシャフトの向きを、スティックをグリップに当てがって確認する方法をお教えします。
【ドリル3】腰の向きの確認
シャロースイングでは腰を切るタイミングも重要。シャフトが水平に降りてきた段階で腰は外を向いている必要があるのですが、ベルト通しにスティックを指してしっかり確認するようにしてください。
【ドリル4】くるくるドリル
トップでクラブヘッドをクルクル回転すことで、シャフトを倒す感覚とダウンスイングのタイミングを身に付けられます。
【ドリル5】パッシブトルクのドリル
パッシブトルクを身に付けるための簡単なドリルのご紹介
【質問1】フェースが開くのはなぜ?
シャロースイング解説でとても多かった質問なのでお答えします。一番重要なポイントは手首・腕・肩の動かし方です。
【質問2】どうして左ひざを開くのですか?
切り返しで左ひざを目標方向に開くシャロースイング。この「ガバッ」がどうして必要なのかを解説しています。